豆柴犬とは?という素朴な疑問から、起源や大きさなど、豆柴犬についての知識を少し増やしていただけるページです。

豆柴犬とは?

豆柴犬は、日本人が古来より愛し続け育成してきた柴犬を現代の生活環境に順応させるべく、体型の小さい柴犬を選び何代にもわたり交配したものである。

その遺伝的特質は柴犬の特徴を著しく受け継いでおり、素朴でありながら気品に満ちており、従順で万人に忠実である。小型犬ながらも、古武士のように凛とした風貌と敏捷性は柴犬そのものであり、加えて、小型化による愛らしさと従順な性格を伴う犬種である。

JMSA 一般社団法人 日本豆柴犬協会 Webサイトより引用
 

 

豆柴の体高

オス♂メス♀
柴犬38〜41cm
(日本犬保存会規定)
35〜38cm
(日本犬保存会規定)
豆柴犬34cm以下
(30cm以下が望ましい)
32cm以下
(28cm以下が望ましい)

 

起源と歴史

日本国内では、1970年代より数多くのブリーダーが柴犬の小型化に取り組んできた。
当時の日本では、日本犬に人気が集中しており特に小型犬の柴犬はその傾向が強くまた個体の完成度が高いこともあり豆柴犬の祖犬となるべき因子をもつ小さな柴犬を求めることは困難を極めた。 大阪においては、西山 重幸氏が1973年より関西・近畿・四国地域の柴犬を中心に30世代余りの繁殖を行っていた。2011年に過去に繁殖した在舎犬113頭と繁殖犬24頭の体高測定と犬体の調査を行い全ての犬が豆柴犬と呼べるに相応しい犬であった。
一方、熊本県の向 一助氏も永い年月を費やし九州地域の小型柴犬を中心に繁殖を行った。当初40数頭の体高測定と犬体の調査を行い、1年後の2012年の系統犬150頭余りの体高測定ではその犬たちは完璧に豆柴犬と称するに相応しい犬であった。
ここに西山 重幸氏の摂州宝山荘と向 一助氏の阿蘇ムカイ荘の作出犬を豆柴犬の祖の犬として認定した。

JMSA 一般社団法人 日本豆柴犬協会 Webサイトより引用